皆さんの中には、マラソンの練習メニューをこなしていく上で、練習通りにうまくこなせなかった経験もある人も多いと思います。

例えば、今日はLSDで25km走る練習メニューを組んでいた場合に、思い通りに足が動かせずに、途中でやめてしまったこともあるかもしれません。

他には、本当は30kmを走る予定だったのに、練習時間が取れずに、中途半端な距離しか走れなかった場合などです。

このような場合は、思い通りに練習が進まずに気持ちが落ち着かなかったり、走りきれなかった自分を悔やんでしまうこともあるかもしれません。

しかし、上手くいかないことはしょうがないことと諦めて、気持ちを切り返すのはもちろんですが、他にも練習メニューを工夫する手段を覚えておくと良いかもしれません。

今回の記事では、練習メニュー通りにこなせなかった場合における、練習を補完する手段についてお話をしたいと思います。

練習がうまくこなせない場合は分割することを考える

このようなモデルケースを考えます。

本当であれば、30kmのコースを走る前提で練習が組まれていたとしましょう。しかし、20km付近で力尽きてしまった場合です。

私たちのようなサブ4を目指すランナーであれば、どのようにしないといけないのでしょうか?

そもそも練習の内容にこだわり過ぎる必要はない

必ずしも、30kmを一気に走らないといけないということではありません。走る距離を分割しても構いません。

今回の場合は、残り10kmが残っています。20kmで力尽きてしまったときが、日中の練習だったのであれば、夜に10km分を走ればよいのです。

夜に走っていた場合は、翌朝にでも10km走ればよいです。自分の体調や時間に合致するように、うまく工夫した練習を組み立てればよいです。

とはいっても、昼間に走っていた場合であっても、20kmで力尽きてしまっているのですから、夜に走るのは難しいでしょう。

30km走りきれる自信がないのであれば、分割メニューを組み立ててもよい

もしあらかじめ、30km走が難しいかもしれないな、とはじめから分かっているのであれば、朝と晩に分割して走っても良いのです。

ただし、目的は忘れてはいけません。30km走ですから、同じペースで走り続けることが前提の練習だと思いますので、15kmに分けた途端、スピードを上げて走ってみようということをすると、あまりよろしくありません。

同じ30kmであったとしても、自分が練習で身につけようとしている成果とは違ったものが身についてしまうかもしれません。

さいごに

今回の記事では、マラソンの練習メニューを思い通りにこなせなかった場合におけるリカバリープランについて、解説をしてきました。

マラソンですこしずつ長い距離を早く走れるようにするためには、徐々に負荷をかけていく練習メニューにしないといけません。

時には身体が思い通りについてこない日もあると思います。その時は、落ち込むことなく、自分の中で原因分析をしてみると良いかもしれません。

もしかしたら、本当は30kmを走りきれるほどのスタミナがあるにも関わらず、気持ちの焦りや自信がついてきたことによって、早めのペースで走ってしまったことが原因かもしれません。

本当は練習計画では、25kmでよいところを30kmに急にプラン変更したことによって、身体がついていかなかっただけかもしれません。

このように様々な影響が自分の走りに影響を及ぼしているので、一喜一憂する必要はありません。

少し無理をしていると感じた場合は、立て直しの期間を設けて、着実にレベルアップを目指すように練習メニューを組み立てていくイメージで取り組んで頂ければと思います。

参考になればうれしいです。

おすすめの記事