マラソンを始めてみようと考えている方でも、ダイエット目的の方でも、目的に違いはあれど、ランニングを始めてみようかなと考えているであれば、一番初めに検討していただきたいことは、ランニングシューズを選ぶことです。

スポーツ用のシューズには様々ありますが、ランニングを始められる方であれば、ランニング専門のシューズを選定して頂きたいなと思います。

適切なランニングシューズを選ぶことで、足や膝の怪我が起こりにくいような環境づくりができるようになります。

今回の記事では、適切なランニングシューズの選び方について書いていこうと思います。

結論としては、初心者の方であれば、怪我をしないようにするという軸でランニングシューズを選ぶことが前提であり、ソール(靴底)が厚めで、クッション機能が高いものを選ぶようにしましょう。初心者を抜け出し、サブ4達成を目指すマラソンランナーの方であれば、クッション性と軽量性をバランス良く組み合わせたものを選ぶようにしましょう。

それではみていきましょう。

 

ランニングシューズが足を守る

マラソンの練習で気をつけておかないと行けないのは、怪我です。初心者の方であればあるほど、怪我が起きやすくなっています。

走ることに慣れておらず、筋肉が衰えているからです。

さてランニングを始めようと考えた場合、すぐに普通のスニーカーでランニングを始めてしまう方もいるかも知れませんが、今後も継続的にマラソン練習を始める方であれば、ランニングシューズを購入することをオススメします。

そもそも、マラソン練習を始めたばかりの人は、何故怪我しやすい状況にあるのでしょうか?

それは、走っている時に足にかかる衝撃が、体重の3倍と言われており、走っている時に1歩1歩の繰り返しの衝撃が膝にくるため、急な衝撃により、怪我につながってしまいます。

体重70kgの人が練習で10km走れば、210kgの衝撃が約1万回も足にくるということです。

このような衝撃を和らげるためにも、ランニングシューズは重要であり、特にソールと呼ばれている靴底の衝撃吸収機能が大切です。

よって、初心者の方であれば、ソールの衝撃吸収機能が優れている靴を買うようにしましょう。

ランニングシューズの種類とは

ランニングシューズは大きく3種類にわけて製造されています。

  • クッション系
  • トレーニング系
  • レース系

クッション系は先程記載したような、ソール部分が厚めのもので、衝撃吸収機能がしっかりとしているものです。

トレーニング系は、クッション系よりも、衝撃吸収機能を落として、軽量化にステータスを割り振ったもので、バランスの良いシューズになります。

レース系は、衝撃吸収機能は他の2種と比べて重視されておらず、軽量化にステータスを割り振っています。上級者用向けであり、サブ4到達を目標としている人であっても、購入はオススメしません。

 

購入前はソールを事前に確認する

ソール部分はランニング中の衝撃吸収機能があるとお伝えしました。

さらに、ソールには、地面を蹴りやすくするための機能も備わっているのです。人は着地をする時に、かかとから着地をして、足の指の付け根の部分で蹴り出します。

この時、ソールは足の指先の部分で瞬間的に折り曲がる形になりますが、足の指の付け根が地面から離れた瞬間に、曲がっていたソールは元に戻ろうとします。

この曲がったソールが基に戻ろうとした瞬間に、地面を蹴る時のアシストをしてくれるのです。このソールの機能によっても、長距離を走りやすくしてくれるサポートをしてくれます。

ナイキやアディダスやミズノのような有名メーカであれば、まずは間違いありませんが事前に履き心地を確認しても良いかもしれません。

慎重に購入を検討したい方はランステでためし履きもオススメ

店頭まで行って、実際にランニングシューズを履いてみたけれど、走ってないからわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?購入前に試し履きをしてランニングしてみたいですよね。

ランステであれば可能です!ランステの中には、シューズレンタルをしているところもあるようですので、お目当てのランニングシューズがあれば事前に電話でレンタル可能か聞いてみてもよいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初心者の方であれば、クッション性を重視したランニングシューズを選ぶようにして下さい。サブ4を目指す方であれば、クッション性と軽量性のバランス良い組み合わせのランニングシューズを選ぶようにしましょう。

自分の目で、自分の足で、気に入った商品を選ぶようにしましょう。

おすすめの記事